【BLOG】DJI Mavic 着弾 - ファームアップ編- - Eaurouge Spa's Photographs

【BLOG】DJI Mavic 着弾 - ファームアップ編-

ども、すぱさんです。

----2017/04/14追記----

記事を公開しようとしてたら、新ファームがリリースされてましたw

DJIのページ、たまに言語をEnglishに切り替えて確認したほうが良いです。
リリース情報や、ユーザーズマニュアルなど、日本語ページは遅れてますので。

   DJI Mavic Pro (English) -DOWNLOAD-

下記記事は、”V01.03.0500”から”V01.03.0550”へのアップデートを記録したものです。
流れは同じですが、最新Ver.のナンバリングではないのでご了承ください。

大きな機能追加としては、インテリジェントフライトモードに固定翼モードが追加。
固定翼モードでいいんかなw " Added Fixed-Wing mode. " という記載。
そのうち試してみます。

----追記ここまで----

関連ページ
【BLOG】DJI Mavic 着弾 - 機体編 -
【BLOG】DJI Mavic 着弾 - 送信機編 -

DJI Mavicのファームアップについて

着弾〜開封し起動したところFUを促されましたので実施します。
Mavicのファームアップのやり方は二通りあります。
スマホ経由は、Phantom3の頃から何となく好きじゃない(無線環境での実施を信頼してない)ので、
今回はPCに接続して実施します。
DJI Assistant 2 はDJIのHPからダウンロードできます。

PCとはUSBで接続します。接続するとこはここ!
って開けたとこ写真撮ってなかった…機体の左側にMicroUSBの接続口がありますよっと。


PCで DJI Assistant を起動し、MavicをUSBで接続、Mavicの電源を入れます。

アプリが機体を認識すると上記のような画面になり、Mavic Pro をクリック。

現在のファームが、”V01.03.0500”が現在のバージョンで、”V01.03.0550”へのアップデートが可能という表示。
同バージョンでのファーム焼き直し、ダウングレードもできる様子。
工場出荷時状態…はどこまで初期化されるのかなぁとちょっと気になるw
そのあたりはおいおい検証してみましょう。

今回は普通にアップデートをクリックして進めます。
10分かかるとのこと。インターネット環境に接続して、機体の電源がONで、USBで繋げてるよな?
という確認。そのまま右下の開始しますをクリック。

ダウンロードが終わると、機体へデータ送信が始まり、いよいよファームのアプデ開始です。

放置してるだけですんなり終了。
10-15分程度で完了しました。完了まえに再起動が二回ほどあった記憶。
一旦アプリを終了させ、再度開きファームウェアバージョンの確認をします。

”V01.03.0550”が現在のバージョンになっていますね。
  1. 1, アプリ終了
  2. 2, 機体電源OFF
  3. 3, 予備バッテリーへ交換
  4. 4, 機体電源ON
  5. 5, アプリ起動
この作業をバッテリーの数ぶんだけ実行します。
インテリジェントバッテリーのファームアップもあるかもしれませんから。
これをやっておかないと、バッテリー交換して起動するたびに「FUやれ注意報」が出ます。
あとはプロポも同じ作業をするだけです。プロポのときは5分もかからず完了。

##今回はインテリジェントバッテリーのアップデートはされなかったです。
##おそらく挙動は同じだと思います。(要検証)

DJI Go アプリを利用して実施する場合は、以下の動画を参考にしてください。
SEKIDOさんのチュートリアル動画を貼っておきますね♪


ではでは。




INSTAGRAM FEED

@eaurouge_spa